カテゴリ:風景( 10 )


2017年 04月 11日

マメナシの花

愛知池の堤防下の県道沿いにマメナシの花が咲きました。
場所は諸輪地区の祠地内です。
この地内には6本植わっていますが、今のところ3本が大きく成長し枝一杯に白い花を咲かせています。
愛知池友の会の会員がこの地に植えて5年ほどになり、毎年花を付けるのが楽しみでした。

愛知池に絶滅危惧種の樹や花を植えて増やすことを目標にしていた元代表が昨年亡くなりその遺品のようなマメナシです。これからも大きく育っていくのを見守りたいと思います。

愛知池内にも元代表が持っていたマメナシの苗を8本植えました。
それも来年にはすこしづつ花を付けるでしょう。これも楽しみです。

f0313744_1720951.jpg


f0313744_17172535.jpg


f0313744_17174337.jpg


f0313744_1718897.jpg


f0313744_17183246.jpg


マメナシは、バラ科ナシ亜科ナシ属の落葉高木。別名がイヌナシ、三重県ではイヌナシと呼ばれることが多い。
朝鮮半島、中国、ベトナム北部と日本の東海地方に分布している。同様の分布域であるシデコブシ、シラタマホシクサなどとともに東海丘陵要素(周伊勢湾要素)植物と呼ばれている。日当たりのよい湿地や溜め池などの周辺に分布する

ナシの原種ではない。木の高さは8-10 mほどになる。 葉は広卵形から卵形または卵状長楕円形で、長さが4-9 cm。直径2.5 cmほどのサクラに似た白い花をつける。

開花時期は4月。果実は黄褐色の直径1 cm程のニホンナシに似た形状で、円形の小さい皮目が多数ある。果実が熟した後は、黒色になり落下することが多い。果実には渋みがあり、美味しいものではない。氷河期の遺存植物とされている
[PR]

by aichiike | 2017-04-11 17:34 | 風景 | Comments(0)
2017年 01月 23日

愛知池の冬景色と氷柱の景色

1月15日の朝の愛知池の景色です。
この日は前日深夜に降った雪でしょう。この冬初めての雪景色です。
日頃見慣れた愛知池堤防を県道から見た風景です。
f0313744_133023.jpg


バタフライガーデンの雪景色
10時を過ぎていましたが人影はほとんどなく静かなガーデンです。

f0313744_1371949.jpg

f0313744_1394179.jpg


愛知池のサクラ並木方面に向かって自動車を走らせていますと美化センター近くでキラキラ光る白いツリーに出会いました。
何とツララのツリーです。あたりの草やガードレール、フェンスや植え込みの木々もすべて凍っています。
ここだけが氷の世界なのです。氷柱の、ガラスのイルミネーションみたいです。
今までに見たことのないこの光景にすっかり魅せられてしまいました。
f0313744_1521935.jpg

f0313744_1531554.jpg

f0313744_155130.jpg

f0313744_1562942.jpg
f0313744_1571150.jpg
f0313744_1575368.jpg
f0313744_1591280.jpg
f0313744_212413.jpg
f0313744_213385.jpg
f0313744_214140.jpg

[PR]

by aichiike | 2017-01-23 02:22 | 風景 | Comments(0)
2017年 01月 18日

愛知池自然観察会1月

1月12日に愛知池自然観察会があり友の会の会員が56人参加しました。くもり空の湖面からの風もあり寒い1日でしたが、この日は鳥の観察を主に鬼頭講師の持ってこられた望遠カメラからみるトビ、ツグミやカイツブリ、オオバン、などの鮮明な姿にすっかり魅せられました。

空を見上げればトビが2羽とオオタカが悠々と舞っています。

この日は意外と鳥の姿がすくなかったのですが、この季節には冬鳥の多い愛知池です。
往復1.5キロメートルを鳥を見ながらの観察日でした。
駐車場に戻る頃は寒さが一段と身にしみました。
この日は9人の参加です。
f0313744_2531674.jpg

枝に泊まっていたトビが頭上に飛び上がり空を舞い始めました。
f0313744_2535433.jpg

オオタカがきて同じように旋回をしながら飛んでいます。
尾が細いのがオオタカです。
f0313744_2541330.jpg

オオバンは愛知池でよく見かけます。陸にも上ってきます。
f0313744_2552231.jpg

名残花?
f0313744_2553542.jpg

そよごの葉。葉と枝を煮ると淡いピンク色になるそうです。試してみましたが、素材が少なかったのかも。
色がほとんど出ませんでした。

f0313744_2555277.jpg

[PR]

by aichiike | 2017-01-18 03:11 | 風景 | Comments(0)
2017年 01月 04日

愛知池の日の出と温室

1月3日に愛知池の日の出を拝んでそのあと愛知池下の畑に手作りハウスを見に出かけました。

靄がかかっていてお日様が見れるかと気がかりでした。
日の出前の静かな愛知池
f0313744_930965.jpg


雲の間から観るお日様におもわず手を合わせます
f0313744_9303541.jpg


愛知池下の畑で会員が建設中のハウス すべて廃材、不用品で作られた作品でこれぞエコ!!
知恵の結集で感心そのものです。居心地よいビニールハウスになりそう。

f0313744_9364281.jpg

右の物置も以前に作ってあったもので移動して作りなおしたものです。
ここで何かイベントができたらいいですね
[PR]

by aichiike | 2017-01-04 09:43 | 風景 | Comments(0)
2016年 10月 12日

愛知池バタフライガーデン情報1

10月10日 11日の愛知池のバタフライガーデンの様子です。

f0313744_4263663.jpg

f0313744_4265727.jpg
f0313744_4271589.jpg


10日朝9時にガーデンに着きましたら、暫くするとアサギマダラが1頭、2頭とフジバカマのお花めぐりを始めました。
f0313744_4291214.jpg


f0313744_4292561.jpg

10時過ぎには5頭以上がきて乱舞を始めます。そしてこのガーデンに写真を撮る方、ウオーキングしている方、以前から興味を持っていた方などがこの様子を見ておられました。
来訪者は30人ぐらいでしょうか?
アサギマダラのマーキングを来訪された佐藤栄治さんから教えていただいて、アサギマダラを捕獲してスタッフたちがマーキングを始めました。マークすること40頭を超えました。
ですからこのガーデンに来訪している蝶はもっと多いことになります。
f0313744_4361384.jpg

f0313744_437559.jpg

思いもよらない数の蝶がフジバカマに吸蜜に訪れています。
f0313744_4382281.jpg

f0313744_4384112.jpg

マーキングをされた蝶はストレスを感じて森に飛んでいき一休みするようです。

気温も25℃以下になってきました。この頃が一番この地域に来る数が多いのでしょうか。
f0313744_4391970.jpg

[PR]

by aichiike | 2016-10-12 04:48 | 風景 | Comments(0)
2016年 10月 10日

愛知池バタフライガーデンにアサギマダラが・・・・・

愛知池のバタフライガーデンにアサギマダラがやってきました!!
f0313744_3583023.jpg

f0313744_401577.jpg

f0313744_4454514.jpg

愛知池友の会のこのガーデンに携わった会員たちは、このガーデンに来てくれるかとても心配でしたがやっと私たちが最初に見たのが10月7日の草刈りの時でした。朝9時ぐらいです。最初は1頭が目につきました。
フジバカマのガーデンをヒラヒラと舞っては止まり、とても元気な若い蝶でした。そのうちに2頭、3頭とやってきてとても感動しました。
このガーデンで吸蜜していたのは12時近くまでですこの日の天気は晴れで、すぐそばの藪とガーデンの往復をしているみたいでした。
夕方にもまだ4頭ほどいました。

吸蜜しているところを捕獲して、初めてのマーキングトライです。
何とか蝶にダメージを与えないようにと思いながらもドキドキしながらマークして放蝶しました。
f0313744_411099.jpg


翌日来園された方もマーキングされました。
f0313744_4122797.jpg


この蝶たちはどこまで飛んでいくのでしょうか?
終息地で捉えられて情報が入ってくれば嬉しい限りです。
アサギネットでは毎日アサギマダラ情報が入ってきます。涼しい地方から旅してきた蝶が南下していることがよく解ります。
このガーデンで見た蝶にマーキングがされていました。
f0313744_4325583.jpg

ネットで調べると長野県下伊那郡のアサギマダラの里でマーキングされたようです。
その後見ないので旅だったのでしょうか。無事に次の休息地へと願っています。
f0313744_436326.jpg


ちなみに愛知池でのマーキング
標識地は あい3 BT001
[PR]

by aichiike | 2016-10-10 04:57 | 風景 | Comments(0)
2016年 10月 04日

雨上がりの愛知池バタフライガーデン

もう早や10月の声を聞きました。 愛知池でバタフライガーデンを計画して半年を過ぎバタフライガーデンが
フジバカマの庭らしくなってきました。
昨日3日に台風の影響で雨模様の中ガーデンの様子を撮ってきました。
f0313744_14189.jpg

植えた当初荒れた土地での植え付けで心配していたフジバカマやヒヨドリバナも、順調に育っています。
f0313744_0562437.jpg

7月のESD講座にひきつづく10月16日ももう目の前になりました。

バタフライガーデンでの講座の準備にこれから拍車がかかります。

雑草もガーデンでは背丈は1mを超すものが生え放題、
f0313744_112058.jpg

花壇の周りは、草取りを何度か実施、あとは空地を草刈り機で刈るのみとなりました。
f0313744_111148.jpg

f0313744_11213.jpg

コスモスやキバナコスモスも雨に打たれ風に倒されながらも花壇の色添えになって咲いています。

バタフライガーデンの花壇では沢山の虫達や小さなシジミ蝶、トンボたちが自由に飛び交って、舞っているのに驚きました。
f0313744_0526100.jpg

f0313744_052566.jpg
f0313744_053135.jpg

渡り蝶のアサギマダラの再捕獲や移動情報も毎日メールで入ってきます。 その情報量が増えました。
新しいところでは須坂での再捕獲です。
こちらのガーデンに最初に訪れるアサギマダラを観れるのはいつでしょうか・・・・・・・
蝶の観察会には来訪してもらいたいことを祈るのみです。
[PR]

by aichiike | 2016-10-04 01:25 | 風景 | Comments(0)
2016年 09月 07日

干上がった愛知池浅瀬のゴミ拾いと風景

なかなか水面のカサが増えない愛知池の湖底をみることはいままでもありませんでした。さくらの並木の観察中に干上がった池の湖底にあちこちにゴミが落ちているのが目につきました。人の目につくのは何年?何十年?振りのゴミでしょうか。
ここ3日間、暑い最中ですので短い時間ですが、このゴミを拾うことにしました。短い時間で結構ゴミ袋に捨ててあるゴミが一杯になります。
他の写真を見たい方はこちらから見てください。

f0313744_21295565.jpg

f0313744_2125190.jpg


池に生えている樹の根っこは水が干上がってしまったのでまるで乾燥した海藻のようで、それに絡んでゴミがあったりしました。池に降りると少しくさい臭いがします。水鳥たちがこの樹の近くに集まっていましたしカメさんたちも樹で甲干ししていましたが、どこに行ったのでしょう。

満ちた時には見られない暗渠の周りにもゴミが落ちています。
f0313744_2126030.jpg

ゴミを拾いながら愛知池の目の前の景色をみますと、この3月に愛知池で生まれたアオサギ4羽やカイツブリ、カモたちが泳いでいます。
f0313744_21271395.jpg

水がなく露わになって出てきた空き缶やゴミと、野鳥との風景はなかなか見れないものですね。
やはりきれいな環境の愛知池を大切にしたいものです。野鳥も安心して住める愛知池。

f0313744_21303296.jpg

それにしても3月から観察していたアオサギが元気でいてくれることがうれしいです。
5つ営巣していたアオサギたちです。他のアオサギたちは何処に?
[PR]

by aichiike | 2016-09-07 21:34 | 風景 | Comments(0)
2016年 09月 02日

8月終わりの愛知池風景(2)

8月終わりの迷走台風に直撃された地方での、大雨で土砂崩れや河川の決壊で被害に遭われた方々のニュースに本当に心痛みます。
台風の通り道から逸れて雨の降らないこの地域です。
愛知池は先週からさらに池の水が少なくなったように思います。

8月後半先々週と先週と2回池の北池畔にあるカーデン近に植わっている桜並木のサクラに付く虫の観察に出掛けました。

この時の池の風景です。ちょうど救助訓練をしていました。救助されるのは人形か?人間か?遠くで判別できませんでした。
f0313744_0411273.jpg


先週まず目に飛び込んできた池の様子です。先回のブログにもアップしていますが。
水没した橋が露呈しています。 橋の名前は郡界橋とか。
f0313744_0485869.jpg

f0313744_056568.jpg

水が引いて見慣れた樹の根っこが現れていました。
f0313744_0581453.jpg


サクラの並木の樹を一本ずつ順に見て行きました。何と今年は毛虫が結構大量に発生です。
この暑さと水不足も関係しているのでしょうか?サクラの木のみならず池畔のハゼの樹やニセアカシアなどにも巣喰っています。

幼虫の付いた枝葉を切り取ると、何と毛虫のすだれが・・・・やはり虫もへばりついていたいのかな?防衛本能?
この虫の観察してから3年ですが、このような様子は2年振り
f0313744_1131877.jpg

大きくなった毛虫があちこちの枝に這い登りほとんど葉がない枝が多数あります。
f0313744_1175662.jpg

またこのような虫たちも多く発生しています。
f0313744_1222539.jpg

毛虫の発生していない樹が少ない。
f0313744_129289.jpg

クズが蔓を伸ばせてほかの樹やフェンスに絡みついています。
お花は今が一番きれいでしょうか
f0313744_1351256.jpg

蜂の巣?
f0313744_1393230.jpg

この作業の後バタフライガーデンに行きました。
キバナコスモスが大きく成長し、水不足の中少しうなだれていますが、たくさん花をつけていました。
f0313744_1531575.jpg

フジバカマも然り、徒長気味の株が気になりますが、水不足に耐えながらも元気に成長しています。
f0313744_1543811.jpg

ヒヨドリバナも咲き出しています。アサギマダラが好むこの花が10月まで咲いているかどうか心配です。
f0313744_253746.jpg

バタフライガーデン近くの愛知用水取水口を見ると水鳥たちが集まってきていました。
魚が多いのでしょうか?
f0313744_2232870.jpg

[PR]

by aichiike | 2016-09-02 02:39 | 風景 | Comments(0)
2016年 08月 30日

8月終わりの愛知池風景(1)

今年の夏は途方もない暑さを感じました。日中は野外に出るときは熱中症に気を付けながらの作業です。
できるだけ早朝に作業を済ませます。
愛知池の8月の風景は雨が降らずに池の水面がかなり下がっていました。
また今までになくオニグルミやさくらの木に毛虫が大発生しています。
でも愛知池で見る空は、とっても大きく広がって見えて気持ちがスーとします。出かけてまずは空を見上げるといいですね~。
f0313744_10163555.jpg

夏雲が池の水面に映りとってもきれい!鏡のような水面です。
f0313744_1018059.jpg

初めて見る愛知池の水の少なさです。池の端は土が露出しています。
f0313744_10225730.jpg


オニグルミの木は葉っぱが皆虫に食われてしまっています。でもなぜか実は健在、いつも実は成るとすぐ採られてなくなっているのですが・・・
f0313744_10204046.jpg


アジサイ園のアジサイもうなだれています。水を欲しがっています。枯れないか心配。
f0313744_10404145.jpg


周回路を会員が草刈りしました。すっきりした周回路で、作業中に出会った犬連れの散歩の方から
「アスファルトは犬の足裏がやけどしそうだし、草ぼうぼうは蛇が出そうで怖いし、刈ってもらって、気持ちよく散歩でき、とてもありがたいです、ありがとうございます」と言われたそうです。
f0313744_1030894.jpg

周回路の南斜面にヒヨドリバナが自生しています。刈らずに保護しています。
f0313744_10451662.jpg


花壇のミントに飛来したマダラ蝶
f0313744_10481079.jpg

夏のお花百日紅が夏空に映えます
f0313744_10505372.jpg


渇水状態?水面が下がって何と橋が現れました。愛知用水建設時に水没した橋?
豊田名鉄線の橋げた付近
f0313744_10573042.jpg


愛知用水取水口付近
f0313744_112919.jpg


散歩している人が言いました。この池の水は池さらいしているのじゃないのって。
以前40年前には同じような状態があったそうです。
わかりません????
[PR]

by aichiike | 2016-08-30 11:15 | 風景 | Comments(0)