愛知池友の会

aichiike.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:催事( 12 )


2017年 06月 01日

千年希望の丘植樹祭2017に参加

2年間現地のどんぐりの苗を約20から30cmに育て上げ、それを東日本大震災の被災地に
造られた千年希望の丘での植樹祭に参加しました。

f0313744_206557.jpg


ドングリの苗3種類(アラカシ、ウラジロカシ、スダジイ)72ポットを 4月中に 三五コーポレーション株式会社 ECO35さんの苗と共に現地に搬送し、この植樹祭のために会員8人は宮城県仙台市に5月26日に出かけました。
この植樹祭は5月27日(土) 午後13時から開会式で15時30分に植樹祭終了、場所は宮城県岩沼市新浜地区です。

愛知池友の会は三五コーポレーション株式会社とオールトヨタの方々と一緒のグループでの植樹作業です。A1グループで先頭を歩き、植樹場所に着くと用意してあった苗を水に浸してECO35の高野さんの指導の下に開始です。友の会のメンバーは前もって指導をしていただいていたので手際よく植樹作業をすることができました。

天候は曇りで時々霧雨が降っていましたし、植樹祭前の4日間は雨だったようで足元はぬかるみがありましたが、夢中での植樹作業でした。
この植樹にはボランテイア約4000人が参加、3万本が目標でしたがそれ以上の方々や苗の本数も上回ったことでしょう。友の会の会員は少なくとも10数本を植えました。

約60cm間隔に21種の苗が植えられています。
それぞれが切磋琢磨しながら成長して緑豊かな堤防となり、防潮の役目を果たすことを願って再度参加した全員がこの地を訪れてみたいと思います。

f0313744_481987.jpg


f0313744_411175.jpg


f0313744_4141726.jpg


f0313744_4144443.jpg


f0313744_4153014.jpg


f0313744_4161866.jpg


f0313744_4185471.jpg

[PR]

by aichiike | 2017-06-01 04:28 | 催事 | Comments(0)
2017年 05月 22日

中部児童館で石けん粘土出前講座

5月20日午前10時から東郷町中部児童館で石けん粘土工作の出前講習を実施しました。
児童館のわくわくクラブの4年生から6年生までの10人が参加です。
こども達は石けん粘土の説明を聞いてから早速5色入りの石けん粘土の入った袋を選び作りだしました。

こども達は自由な発想で形を作っていきます。大人では考え付かない作品が出来上がります。
こどもたちは90分でほとんどの粘土を使い切り作品を作り上げました。

この石けん粘土は米粉と液状せっけんと色粉で作ったもので体にやさしく、作る楽しさ、それを飾ってまたせっけんとしても使えます。

つくり終えた作品を並べて記念撮影、そしてそれぞれがお持ち帰りとなりました。

f0313744_2293311.jpg


f0313744_2322062.jpg


f0313744_240322.jpg

f0313744_2334087.jpg

[PR]

by aichiike | 2017-05-22 02:45 | 催事 | Comments(0)
2017年 03月 30日

愛知池たすけあい桜まつり開催

3月30日に愛知池畔のカーデンで「愛知池たすけあい桜まつり」が開催されました。
主催は愛知池友の会、協力は名古屋東山ロータリークラブです。

この日は花曇りでしたが、暖かく風も穏やかな1日でした。カーデン前の名古屋東山ロータリークラブが植樹されたサクラ並木は蕾がほとんどでしたが一本だけさくら色づいた樹がありました。
ここだけがピンク色!
f0313744_3411963.jpg


第5回目のこの桜まつりには100余名が参加で、皆さんは6つの演目、歌や、体操、踊り、楽器の演奏、マジックなどを出演者ともども歌を歌ったり、立ち上がって体操をしたりと会場は熱気にあふれていました。

今回もAJU自立の家車いすセンターの方々8名が参加、また東郷町のNPO法人「ひなた」の子供たちが10名来てマジックショーを楽しんで観ていました。

後日談 お弁当が美味しかったとのこと。 お弁当行脚をして決めたので嬉しく思います。
またスタッフの皆さんの健闘ぶりに多くの方からお褒めをいただきました。

受付は大忙し
f0313744_455733.jpg


FUFさんのハーモニカ演奏  「手のひらに太陽を」皆で歌いました
f0313744_463410.jpg


グレイスさんの独唱、バンジョー、ケーナ ギターの奮闘ぶりに感謝です
f0313744_465849.jpg


オハナさんのフラダンス やっぱりこのダンスが華を添えます
f0313744_47467.jpg


黒田さんの健康体操 一緒に歌いながらの体操です 皆さん立ち上がっての参加です
元気いっぱい!
f0313744_4134712.jpg


熊さんの安来節 前日のけがを押しての名演技です 
f0313744_482688.jpg


佐野八芸さんの楽しいマジックと皿回し 
f0313744_49310.jpg


愛知池友の会からバタフライガーデンのお知らせ レネちゃんちょっと緊張気味?
f0313744_4111283.jpg


最後に記念撮影です
f0313744_494058.jpg


サクラ並木を車いすでお散歩 気持ちよかったそうです。笑顔がうれしいですね、よかった(^^♪
f0313744_22192548.jpg


丹羽陽子さんは見事な司会振りでした。フラダンスの先生です。髪の長さは日進で一番だとか
f0313744_1934115.jpg



会場を楽しませてくれた八芸さんの芸をどうぞムービーでご覧ください


[PR]

by aichiike | 2017-03-30 20:46 | 催事 | Comments(0)
2016年 12月 25日

愛知アサギマダラの会に参加

12月16日に西尾市西幡豆町幡豆いきいき生涯プラザで愛知アサギマダラの会の例会が行われました。その会に愛知池友の会の会員6名が佐藤栄治さんの紹介で参加しました。
参加者は33名
10時半から始まった会は和やかな雰囲気の中自己紹介、昼食、午後は研究発表会が5件あり初めて参加した私たちはとても勉強になりました。
この会員の方々はアサギマダラについて10数年関わっておられるかたがほとんどのようです。30年以上のかたも何人かおられます。

f0313744_02442820.jpg
f0313744_02475637.jpg
とても興味深い研究発表の一例
f0313744_02480066.jpg
f0313744_02480343.jpg
会場に来ておられた鷲塚さんからキジョランと種と苗を10株いただく。

キジョランはアサギマダラが卵を産む蔓性の植物
これを愛知池の管理しやすい場所3ケ所に植えてみることにしました。

f0313744_02480877.jpg

キジョランの種子

f0313744_02481549.jpg


[PR]

by aichiike | 2016-12-25 03:35 | 催事 | Comments(0)
2016年 12月 18日

愛知池バタフライガーデンのムービー

愛知池バタフライガーデンの作庭から閉園までの様子をムービーにしました。
2016年4月から11月までの8ヶ月間のガーデンの様子をご覧いただけます。
渡り蝶のアサギマダラが羽を休めフジバカマの花の蜜を吸う姿はとても感動を覚えます。
花壇つくりの最初から心配ずくめでしたが、期間中は253頭の蝶にマーキングをしました。
飛来数は300頭ぐらいでしょうか。10月5日に飛来したのが最初で11月5日にみたのが最後の1頭でした。
現在のガーデンは茎を1/3ほどに刈ってあります。休眠のガーデンです。
f0313744_19280570.jpg

夕日に映える愛知池 ガーデンからみた愛知池です。
f0313744_2083367.jpg


>2016年愛知池バタフライガーデン(1)   ガーデンの庭つくりからアサギマダラ飛来のガーデンの様子





2016年愛知池バタフライガーデン(2)   ガーデンでのイベントやアサギマダラ吸蜜姿、満開のフジバカマ、マーキングや来園者の様子など


[PR]

by aichiike | 2016-12-18 19:56 | 催事 | Comments(0)
2016年 11月 23日

愛知池友の会のPRプレゼン

11月6日に国際ロータリー地区大会のファミリータイムに行われた愛知池友の会のPRプレゼンテ―ションのファイルです.

スライドショーになっています。
下の平成28年度活動nom161021ab.pptxをクリックしてごらんください。
画面の左下矢印をクリックするとスライドします。
動画は再生されませんが。




[PR]

by aichiike | 2016-11-23 00:11 | 催事 | Comments(0)
2016年 11月 19日

東郷町東部児童館でせっけんねんど



11月19日(土)に愛知池友の会は、東郷町東部児童館で小学校2年生から5年生までの子供たち13人
を対象に石けん粘土で作品つくりを実施しました。10時から開始でCCネットの取材もありました。
f0313744_29511.jpg

この石けん粘土は愛知池友の会の液状石けんと米粉、食紅で作ったもので当日の数日前からつくり、直前まで色や硬さを調整します。無添加故この石けん粘土は生きています。
この日も子供たちが手にして作り始めてからも、スタッフが子供たちの使っている粘土を見て回り、石けんや粉で硬さを調節していました。
f0313744_154171.jpg

まず石けん粘土についての説明をして
f0313744_156454.jpg

カラフルな石けん粘土が5個入った袋を手に取り早速つくり始めた子供たちは、持参した見本を見ながら、2時間を真剣に、楽しそうに、お互い色を交換などしながら、粘土と向き合っていました。無心で粘土と向き合う子供達です。
f0313744_1573513.jpg

f0313744_1583962.jpg

f0313744_202664.jpg

子供ならではの素晴らしい作品が出来上がりました。
f0313744_231452.jpg

f0313744_235181.jpg

この工作をした部屋の壁に「ぼくらのじどうかん」
という詩が貼ってあるのに気づきました。素晴らしい詩!! 胸がジーンと熱くなりました。これは私だけでしょうか?
今日も私たちも貴重なひと時を過ごすことができました。
f0313744_25075.jpg

動画でもご覧ください

[PR]

by aichiike | 2016-11-19 18:59 | 催事 | Comments(0)
2016年 11月 13日

ダイコン堀り

11月12日にNPO法人「ひなた」」の子供たちが愛知池友の会の畑にダイコンを掘りにきました。
小春日和の掘るのにはちょうど良い日ざしで、畑に先生と共に着いたこどもたちは、早速軍手をはめて大根を掘りを始めました。
大根はすでに土から顔をだしていましたので抜きやすかったからでしょうか、掘り上げると笑顔がこぼれます。
あっという間に4畝のダイコンは掘り上げられました。赤い蕪やダイコン、辛味ダイコンも入っています。
ふと童話の「おおきなかぶら」の話を思い出しました。

子供たちの屈託ない抜き取ったときのこぼれるような笑顔に私たちも嬉しくなったひと時でした。

f0313744_2132327.jpg

f0313744_2142780.jpg
f0313744_2144679.jpg

f0313744_2164898.jpg

[PR]

by aichiike | 2016-11-13 21:09 | 催事 | Comments(0)
2016年 11月 07日

ロータリークラブ地区大会で愛知池友の会がPR発表

11月6日(日)にウエスティンナゴヤキャッスルで国際ロータリー第2760地区の地区大会が開かれました。
名古屋東山ロータリークラブからの要望で、愛知池友の会のPR活動報告を致しました。
4名が参加し会員の飯塚が発表しました。
f0313744_22194767.jpg


今年はロータリー財団創立100周年だそうです。
今回は小牧ロータリークラブがホスト約で開催されました
[PR]

by aichiike | 2016-11-07 02:18 | 催事 | Comments(0)
2016年 10月 25日

スズメバチ退治

スズメバチが愛知池バタフライガーデンのフジバカマの花壇を飛び交い、フジバカマの花を吸蜜にくるアサギマダラを襲う様を何度もみています。今まではこのような光景に出くわさなかったので、10月16日の蝶の観察会が間近に迫った14日に偶然にもスズメバチが庭に巣を作っていて退治した話を聞くことができました。
簡単な捕獲法を教えてもらいネットでも調べて簡単なペットボトルトラップで捕獲を試みました。

f0313744_1131349.jpg

f0313744_1193412.jpg


2つのペットボトルを花壇から離して地上1mの高さに設置しますと何とすぐにペットボトルに入っている液のにおいに誘われてこのペットボトルの中に入ろうとします。入っても出れないようにしたつもりがこの出入り口をすいすいとすり抜けて外に出てしまい結局は養生テープで入ると蓋をすることにしました。
1本のペットボトルトラップには1日で6匹が捕獲、もう一つのペットボトルには8匹が入っていました。
このペットボトル液は2日ほどで蒸発してしまいました。
市販の「カダン ハチ激トレ」」という機器も用意しました。このボトルにはなかなか入らなかったのですが、自家製のペットボトルトラップの液がなくなるとこのボトルに入り始めました。

f0313744_1173931.jpg


この兵器のお蔭で「蝶の観察会」のイベントはスズメバチを花壇で怖がることも少なく、刺されることもなく終わりました。
この鉢が入る様子をみていますとこの液体のにおいに誘われてやってきた蜂がまた仲間に知らせにいくようです。
みるみる蜂が飛んできました。
容器の外にいるのに気が付かずにペットボトルに窓をふさごうとしてペットボトルに触れると襲ってきました。
あわてて頭を屈むと去ってまたボトルに入ろうとします。やはり凶暴な蜂であることがよく解りました。

来年は3月にこのペットボトルトラップを設置しようと思います。女王蜂をおびき寄せるためでこれが蜂の巣を作ることを防ぐ効果があるそうです。
  
ペットボトルトラップの作り方 (ネットより)

①2ℓくらいのペットボトルと誘引剤(酒300ml、酢100ml、砂糖125gを合わせたもの)を用意する。
②ペットボトル4カ所に、カッターで2㎝くらいのHの切れ目を入れ、上の切れ目をペットボトルの外側に直角に折り、下の切れ目はペットボトルの内側に直角に折る。
③ペットボトルの中に、スズメバチを引き寄せる誘引剤を入れる。
④ペットボトルに紐をつけ、樹木などの高さ2m程度の場所に吊るす。
[PR]

by aichiike | 2016-10-25 01:45 | 催事 | Comments(0)